お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
Information
お役立ち情報

昔ながらの風習とかもあって、田舎ではまだ葬儀場ではなくおうちでご葬儀をするところもあるのかもしれません。葬儀場ではなくおうちで葬儀の場合は、「お寺さんがいらしたわ」なんて言われてお坊さんが何人かで来て、長い長いお経。最近では、そんな何人も入れるおうちも少ないので、お寺でお葬式か、専門の葬儀場でお葬式をする人が増えていると思う。祖母の葬儀は葬儀場だった。夏場でも遺体を冷蔵保存して安置しておいてくれるし、遺体を装束に着替えさせる前に最後のお風呂に入れる湯灌もしてくれる。湯灌は病院でしてくれるところもあるようだが、祖母の場合は老人ホームと病院のあいだのようなところで亡くなったので、葬儀場でしてくれたそうだ。会食・精進落としもすべて葬儀場で済ますことができた。大人数でも対応できるし、祖母の葬儀のように、祖母の娘と息子の家族、祖母の実家の親戚ひと組のみのひっそりとした葬儀でも、なんなく対応してくれる。父に聞いたところ、やることもセットになっていて、価格も良心的だったという。突然の訃報でそんな葬儀のことに詳しい人もまれだろうから、価格とサービスを見た上で、葬儀場を選ぶのも今の時代に合っているのだろう。死は誰にも避けられないものだから、葬儀場という商売は、確実に売上があるらしい。葬儀場業者が増えているのはそういうことらしい。